2018年01月06日

60歳で仕事を辞めたら、それはアーリーリタイアだ。

もうすぐ60歳になる。
私の友人も、全員60歳か59歳。
すでに定年退職した者もいるし、
3月で定年退職を迎える者もいる。
そして、私と病気療養中の2人以外は、
全員、定年退職後も働き続ける予定だ。
すでに再雇用で働き始めている者もいる。
近所の様子を見ても、似たようなものだ。
60歳で仕事を完全に辞めた人は
ほとんどいない。
60歳は、確かに一つの区切りではあるが、
ほとんどの人は働き続けている。
つまり、60歳で完全に仕事を辞めるのは、
多くの人と比べて十分にアーリーリタイアだ。
そして、60歳なら十分に、
リタイア後の生活をアクティブに楽しめる。
何が言いたいのか?
無理せずアーリーリタイアを目指すなら、
60歳もありではということ。
ブログ村では、
30歳台や40歳台のリタイアが主流のようだが、
誰もが実現するのは、かなり難しいと思える。
でも、60歳なら心がけ程度で可能だ。
そして、60歳なら
間違いなくアーリーリタイアだ。
posted by きむきむ at 11:18| Comment(3) | リタイア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

リタイア後に残念なこと

リタイアしたら残念なことがある。
ボーナスが貰えないことだ。
働いてないのだから、
当然と言えば当然の話だ。
しかし、世間がボーナスだ、
年末商戦だとうかれているときに、
1円のボーナスもないのは悲しい
リタイアした直後は、
仕方がないとあきらめていた。
しかし、あきらめきれない。
やっぱりボーナスが欲しい。
気前よく使える金が欲しい。
よし、分かった。
貰えなくても、勝手にボーナスだ。
ボーナスだと思って、
気前よく無駄遣いすることにしよう。
そう決めた。
何年か前から、そう思うことにした。
だから、今年も貰ってないボーナスで
どうでもいい物を買って無駄遣いをする。
せいぜい数万円程度だが、
いらない物を気前よく買う。
これで爽快な気分になれる。
たまに無駄にパーッと金をつかうのは、
精神衛生上とてもよろしい。
ザマアミロと思う。
何がザマアミロなのか分からないが。
posted by きむきむ at 15:49| Comment(2) | リタイア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

勢古浩爾の「定年バカ」を読んだ。

勢古浩爾の「定年バカ」を読んだ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

定年バカ (SB新書) [ 勢古 浩爾 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/11/23時点)

☆4つ半。痛快だ。
「充実した定年後にしなきゃ」などと思うな。
資産運用に走る必要はない。
生きがいなんかどうでもいい。
ボランティアなんか、くそくらえ。
地域に溶け込む必要はない。
交友を広げる必要もない。
家族との関係なんか、ほっといてくれ。
結論は、「自分の好きにすればよい」だ。
これこそが、リタイア生活の極意だと
私も思う。
定年前後やリタイア後についての本は、
たいていが大ハズレだが、これは例外。
お勧めできる。
「定年後のリアル」を読んで以来、
私は勢古浩爾のファンだ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

定年後のリアル (草思社文庫) [ 勢古浩爾 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2017/11/23時点)

リタイア生活を送る上で、
必読の書ではないかとさえ思っている。
結論は、「好きにすればいい」。
これだけだ。
そうだ、
つまらないことに悩む必要はない。
リタイア後は、好きにすればいいのだ。
posted by きむきむ at 13:25| Comment(6) | リタイア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする