2017年11月18日

アルキメデスの大戦

「アルキメデスの大戦」1巻から8巻までを
一気読みした。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルキメデスの大戦(1) (ヤングマガジンKC) [ 三田紀房 ]
価格:610円(税込、送料無料) (2017/11/18時点)

おもしろい。☆4つ半。
三田紀房のマンガは、私のお気に入りだ。
どれもおもしろい。
絵はヘタクソだが、
設定の目のつけどころと話の展開がいい。
このマンガもそうだ。
時代は昭和初期。
戦争前の海軍が舞台だ。
主人公は、驚きの主計少佐。
つまり、事務屋だ。
金の勘定をするのが仕事になる。
最初の任務は、
戦艦建造費の不正を暴くこと。
限られた時間の中で、
わずかな材料の中から答えを導き出す。
派手な戦争マンガではないのに、
非常にスリリングだ。
おもしろい。お勧めする。
posted by きむきむ at 14:40| Comment(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

ポーの一族・春の夢

「ポーの一族 春の夢」を読んだ。
「ポーの一族」(5巻まで)を読んだのは
私がまだ学生だったころ。
信じられないほど大昔だ。
まさか、その続きが読める日が来ようとは!
なんと40年ぶりの続編だと言う。
大いに期待して読み始めたが、
すぐに違和感を覚えた。
間違いなく萩尾望都の絵なのだが、
主人公のエドガーとアランの顔が
昔と微妙に違う!
作者本人も、
「絵も顔も変わりました。
 歳月を感じます。」と書いている。
変わるのは構わない。
よりシャープになったなら文句はない。
ところが、実際はその反対。
なんだかボンヤリした顔つきで、
迫力のないエドガーとアランになってしまった。
これでは、魅力半減だ。
ストーリーは、まあまあなのだが、
昔のような緊張感は感じられず
正直なところ☆3つ半程度。
期待が大きすぎたのかもしれない。
ただ、中身うんぬんより
「ポーの一族」の新作が読めたことに、
感謝したい。
posted by きむきむ at 13:34| Comment(2) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

プレイボール2

「プレイボール2」1巻を読んだ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プレイボール2 1 (ジャンプコミックス) [ コージィ城倉 ]
価格:518円(税込、送料無料) (2017/9/16時点)

作者は「ちばあきお」じゃなくて、
コージィ城倉。
「グラゼニ」の作者だ。
「プレイボール」のちばあきお氏は、
1984年に亡くなっている。
代表作「キャプテン」と「プレイボール」は、
ともに未完だ。
未完ながらも野球マンガの名作で、
主人公の谷口君は小学校の道徳の副読本に
取り上げられたこともある。
「不撓不屈の谷口君に学べ」という授業を
私もしたことがある。
さて、そんな伝説の野球マンガの続きが、
30年以上も間をあけて始まった。
読んでみた。
おお、これはまさに「プレイボール」だ。
絵柄も、ストーリーも、記憶そのまま。
谷口が、丸井が、イガラシが帰って来た。
作者は別人になったが、問題ない。
昔読んだプレイボールの続きが読めるのだ。
☆5つ。絶賛したい。
posted by きむきむ at 13:04| Comment(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする