2016年11月30日

信金中央金庫の優待

信金中央金庫の優待カタログが届いた。

3口+3口持っているので、

3000円相当のグルメカタログから

自分で選んで2つ貰える。

旨そうなものばかりでどれにしようか悩んだが、

次の2つにした。

一つ目は、「ちーず大福ミックス」。

Img069_edited

これは、旨そうだ。見ただけでヨダレが出る。

2つ目は、「花栗しずく接方詰め合わせ」。

Img068_edited

ひー、たまらん。

すぐに申込みハガキを返送した。

届くのは、来年1月。

今から楽しみだ。

さて、信金中央金庫はNISAで買った。

売る気なし。長期保有だ。

来年も、また旨いものが貰える。

思わずニンマリしてしまう。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

posted by きむきむ at 15:50| Comment(11) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

へへへ、最高記録更新

日経平均は49円下がって、1万8307円。

続落だ。

TOPIXも、13日ぶりに反落した。

ところが、何故か私の株は順調だ。

今日現在の含み益    184万8340

これまでの売却益    297万9731円

これまでの配当益      133万1882円

差し引き     プラス 615万9953円

今年の収支           +83万2725円

差し引きはプラス615万円ごえ。

(株歴7年3ヵ月トータルの結果だ。)

私の最高記録を更新した。

わはは、わはは。

儲かって儲かって困るわ。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

posted by きむきむ at 15:33| Comment(9) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

今日はアヲハタの権利落ち日

2年前にアヲハタを100株買った。

株主優待のジャムがめあてだ。

そして、1年前の権利落ち日に気を失った。

1000円のジャムと配当(1500円)を貰うかわりに、

株価が150円(100株で1万5000円)も下がった。

確認したら、毎年恒例の急落だ。

ジャムなんか貰ってる場合じゃなかった。

私は学習した。

今年は、ジャムを貰わない。

権利確定日だった先週の金曜日に、

アヲハタを2475円で売った。

終値は2500円。

さて、今日が権利落ち日。始値は2316円。

100株で1万8400円も下がっとるわ。

メチャクチャだ。やっぱり売っておいてよかった。

さて、今日の終値は2401円まで戻った。

それでも、権利落ちで約1万円の下落。

アヲハタの株主優待だけは、貰ったらダメだ。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

posted by きむきむ at 15:38| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

こんな仕事をしていた。

52才で退職したが、仕事は嫌いではなかった。

と言うか、結構おもしろかった。

特に、楽しかったのは、初任者研修の仕事。

1年目の教師の指導だ。

初任者の授業を見て

あれこれイチャモンをつける。

批判するのが、仕事の中身だった。

しかも、ご丁寧にA4・1枚に書いて渡していた。

今も手元に、授業講評が300枚以上残っている。

例えば、こんな感じだ。

*********************

本日3時間、3年2組の子どもたちとK先生の様子を見せてもらいました。

8日は始業式と入学式でドタバタしているうちに終わったので、

K先生にとっては今日が教師として実質のスタートになったはずです。

短く感想を言うと、「感心しました」です。

教師としての初日とは思えない「落ち着いた子どもへの対応」が

できていました。

まず、話し方がいいです。

3年生の子どもに合ったゆっくりめのスピードで話せています。

声の大きさもちょうどいいです。

教室の後ろの子どもにも、よく聞こえています。

2時間目には、子どもに集中して聞かせるため

「わざと小さい声」で話す場面も作られました。

先生の意図に反応して、子どもがぐっと聴く姿勢になりました。

また、この時期に真っ先にしつけたい「話を聞く態度」について、

先生の方から注意ができたのもよかったところです。

・人がしゃべっているときは、話をしない。

・目はまっすぐ話している人の方を見る。

・おへそを先生の方に向ける。

などなど分かりやすい言葉で、子どもに注意を促すことができました。

板書の仕方も感心しました。

やや大きめの文字が3年生に合っています。

丁寧に書かれているので、とても見やすい文字になっています。

自己紹介のときは、まず先生が見本を示されました。

何でもないことですが、まず見本を見せること、これがいいのです。

子どもに何かやらせるときの原則です。

ほかにもよかったところがあるのですが、またそのうちに書きます。

残りのスペースは、これから気をつけてほしいところを書きます。

一つ目。「自己紹介をしてもらいます」と先生が言ったとき、

子どもから「したくない」「えー、いやや」の声が出ました。

2、3人だったので、あまり気になりませんでしたが、

こういった「後ろ向き」「否定的」なつぶやきは、

その都度つぶしてください。

こういった声をほっておくと、教師としてもやりにくくなりますし、

まわりの子にも悪い影響を与えます。

二つ目。黒板を有効に使いましょう。

自己紹介のとき、先生は口頭で次のような注意をされました。

「その場に立って、みんなの方を向いて、

 みんなに聞こえるように大きな声を出して・・・」

一度にいくつものことを注意してもダメです。

こんな時は、板書すればいいのです。

「約束は三つです」と言ってから、

1.その場に立つ。

2.みんなの方を向く。

3.大きな声で言う。

と、板書すればスッキリします。

口頭だけなら、注意は一つです。短くスバリ言い切ります。

三つ目。子ども理解です。

例えば、3年生の子どもなら、

何分ぐらい集中力が持続できるのかを知ることです。

自己紹介は単調な繰り返しだったので、

10分ぐらいで雰囲気がダレてきました。

自己紹介の項目が多すぎました。

全員分を最後まで集中して聞くのは、とても無理でした。

3年生の子どもにできること、できないことを理解していきましょう。

*****************************

へへへ、なんか楽しそうでしょ。

自分で授業するのはヘタだったが、

他人の授業を批判するのは得意だった。

初任者指導の仕事は、6年やった。

こんなに楽でおもしろい仕事はないと思っていた。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

posted by きむきむ at 15:55| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする