2017年11月25日

「ロシアン・スナイパー」を観た。

「ロシアン・スナイパー」を観た。
これはスゴイ映画だ。
主人公は、リュドミラ・パヴリチェンコ。
実在の人物だ。
第二次世界大戦中、大学生だった彼女は、
狙撃手として入隊する。
訓練後、1941年8月オデッサ防衛任務に就く。
驚異的な射撃で、次々と敵を射殺していく。
わずか1年ほどで、射殺した敵は300名をこえ
ソ連全土に名を知られる英雄となる。
1943年ソ連邦英雄受賞。
切手の図柄にも使用される。
以上。もうこれだけで十分スゴイ。
映画そのものより、事実の重みに圧倒される。
演じる女優がまたいい。
ヒリヒリするような演技だ。
「死の女」と呼ばれた女スナイパーの
鬼気迫る心情が伝わってくる。
ロシア・ウクライナ合作の映画なのだが、
ハリウッド映画となんら遜色ない。
戦争映画として、見ごたえがある。
☆4つ半。
お勧めだ。
posted by きむきむ at 13:18| Comment(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

終わってみれば続伸だ

日経平均は27円騰がって、2万2550円。
終わってみれば続伸だ。
今日は、ダメかと思っていたが、
午後から復活してきた。
さて、私の株は次のとおり。
今日現在の含み益   161万9800
これまでの売却益    399万8518円
これまでの配当益    144万7335
差し引き     プラス  706万5653円
今年の収支            +55万4151
先週比でプラス4万円。
誤差の範囲だが、とりあえずプラスだ。
悪くない。
posted by きむきむ at 15:19| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

勢古浩爾の「定年バカ」を読んだ。

勢古浩爾の「定年バカ」を読んだ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

定年バカ (SB新書) [ 勢古 浩爾 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/11/23時点)

☆4つ半。痛快だ。
「充実した定年後にしなきゃ」などと思うな。
資産運用に走る必要はない。
生きがいなんかどうでもいい。
ボランティアなんか、くそくらえ。
地域に溶け込む必要はない。
交友を広げる必要もない。
家族との関係なんか、ほっといてくれ。
結論は、「自分の好きにすればよい」だ。
これこそが、リタイア生活の極意だと
私も思う。
定年前後やリタイア後についての本は、
たいていが大ハズレだが、これは例外。
お勧めできる。
「定年後のリアル」を読んで以来、
私は勢古浩爾のファンだ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

定年後のリアル (草思社文庫) [ 勢古浩爾 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2017/11/23時点)

リタイア生活を送る上で、
必読の書ではないかとさえ思っている。
結論は、「好きにすればいい」。
これだけだ。
そうだ、
つまらないことに悩む必要はない。
リタイア後は、好きにすればいいのだ。
posted by きむきむ at 13:25| Comment(6) | リタイア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする